中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

中小企業の節税対策に強い税理士に相談が無料で出来ます

中小企業・自営業の節税対策 中小企業・自営業者ではサラリーマンに比べると、税金の納入においておのおのな方向で良いです。個人事業者は税金の面で好遇であると普通には言われています。ところが、中小企業・自営業者は節税対応をかなり活用しない限り、サラリーマンと比べて納税においてメリットがあると思えません。
<所得の工夫>サラリーマンは会社が賃金を細かいところまで情報があるので、収入を分からなくすることは不可能ですが、中小企業・自営業の時はどうでしょうか?不正で所得を隠ぺいとすれば、所得を減らすことはやれますが、そこまでして稼ぎを減らしをしている人は一握りに過ぎません。
無論、税務調査をすれば、筋道が合わないことがなんだかんだ抗議され、所得隠しが摘発され世間の評判になってきます。そのうえ、現在では、売上金の全てが銀行の口座に入金されますので、所得の虚偽はむずかしいのです。
<経費>中小企業・自営業の際の色々な経費は、実際の所、事業に使った分しか不可欠な経費に算入されません。また、どれを経費に含めていいのかどうか、はっきり認識できていないので、経費として計上すれば節税の狙いどころなのに、どうしようもなく利益としてしまっていることがあるのです。
例えて言うなら、事務所の経費として、家の賃貸料、光熱費、通信費等は経費となりますので、自宅で働いている場合も、作業をしている部屋や、スペースはオフィスとしてその家賃や光熱費などを計上する必要があります。一日に仕事でいる時間がそのあたりに多いのであれば、光熱費のほとんどは職務で使われているはずです。
さらに、使い捨てなどの消耗品費として、インク代、パソコン関連消耗費、通信費等も経費となります。オフィスの耐久消費財などの、什器備品としては、設備として購入している、自動車、自転車、パソコン、ソフト代、など沢山あります。交通費としては、動く場合に大切な交通費すべてが入りますので、電車、タクシー、航空チケットなどが含まれます。
交際費としては、接待費などがふくまれますので、いろいろな活動に伴う費用が経費として算出できないかしっかり考慮する必要がございます。<退職金>中小企業・自営業者は退職金を確実なの経費とすることも受け付けないため、税制上優遇を受けられないのですが、「小規模企業共済」を活用することで、退職に際して出される金銭と同じ考え方で節税をやる事ができます。
それの優れた点は、掛金を払い込む時に節税が出来るということと、稼業を止めたり、子供に自業を譲渡するときに、共済金を退職金として頂く場合にも節税効果があります。掛金を払う時には全額が所得控除の対象となります。反対に、共済金をまとめて受け取る場合には退職所得扱いになり節税効果が得られます。
それに、分割で受け取る場合には公的年金等の雑所得扱いとなり、受領するときも退職所得控除などの良い部分が出てきます。けれども、このような小規模企業共済の特長をうまく使うには、20年以上の継続が必要ですので、長期間に及んで節税対策として心づもりをする必要があります。
個人事業主、中小企業・自営業にとっての節税対策は取引をしている既存の税理士さんに求めるのが一番ですが、税理士によっては税務署側にしか提案しなかったり、大変なことばかりで節税の方法を手ほどきしてくれない方も沢山います。そして費用も相場より高く依頼する税理士事務所もあるので、節税の術や交渉は複数の税理士に相談にのってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

良い税理士の見分け方ポイント

 

中小企業の経営者としては経理・財務処理は大変手間のかかる神経を使う業務です。対応できる能力が不足している時やさらに節税が必要と思われる時には専門家である税理士に全て依頼するのが一番安心な方法でしょう。そうはいっても税理士事務所はその数は沢山あって、料金もまちまちです。
また、個人や中小企業の見方になってくれずに、税務署に指示されたことしかしてくれない税理士もいっぱいいます。というわけで、このたびは、実際に税理士を選びたいときにどのような点を注意すべきか、着目する点について参考になることをお話ししたいと思います。<大切なポイントとはなにか>
税理士は自分の会社の経理的な処理にとどまらず、経営自体を無駄を省き健全な運営ができるよう助けてもらううえで重要な存在になります。中小企業に最もふさわしい税理士を見つけたい場合に、まっ先に考慮していくべきポイントは取引を円滑に進めるために自分と相性があうかという点です。専門家としての知識は大切なことといえますが、
ビジネスのパートナーとして同じ目標に向かうための初めにお互いの信頼関係を築いておくことがとても大切です。なので新しく顧問の税理士を決める際は絶対会計事務所に行き実際に会って話をしてみた方がよいでしょう。また、二番目に挙げられるポイントは、難しい内容の事柄も経営者にとってわかりやすく説明をしてくれるかどうか、という点です。経理というものは
専門的な知識が大いに求められるため、中小企業の経営者よっては、経理のことは詳しい知識はないという人も多いように思います。どんな場合でも相手が初心者のように理解できるまできちんと説明をしてくれる税理士になら安心して依頼できるはずです。そしてすぐに連絡がとれる体制であること税務署よりも経営者側に立って理解してくれるかなども
重要なことです。税理士を費用だけみて決めてしまうのはやめましょう。中小企業の場合はとりわけいえることですが税理士の存在によって経営にも良くも悪くも大きく影響してしまいますから。<どのように探すのがいいか?>新たに税理士を見つけて依頼しようとする時には、中小企業の経営者の仲間から新しく紹介してもらう
場合もあることでしょう。そしては仕事の関係で取引のある金融機関とか保険の会社からも税理士の紹介をされる場合もあり、必要になってきて実際に見つけようとする際には、その手段はいろいろとあるものです。紹介をしてもらう時に気をつけるべき点は、他の人と相性が良いからといって決して
自分にとってもメリットが大きい税理士とはいえない時もあります。しかも知人から紹介を受けて契約を交わした場合、満足できない際に紹介者に悪いと感じて断りづらいということも気になってしまいます。そこで活用をお勧めしたいのがインターネットの紹介サイトです。全国の多くの税理士について豊富な情報を無料で紹介しているサイトが
近年とても話題です。第三者が仲介するので自分が考えている希望を満たす適当な税理士を探し出せるでしょう。直接自分で探そうとすると税理士に聞くのを躊躇してしまうような質問もあるでしょうが、紹介サイトから問い合わせするならどんな内容の要望も自由に伝えられますし、
選択肢が多いというのもメリットといえます。下記サイトが問い合わせをおすすめしたい税理士をピックアップしているサイトです。また、中小企業にとっての大いに頼ることのできる見方となる税理士事務所をピックアップしてとりあげたいと思いますので、まず一度問い合わせをしてみてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

税理士に相談すべきことは事前に準備しましょう

 

 

税理士に相談すべきことがら 会社を立ち上げて事業を開始するとなると、お役所などといろいろと付き合いが多くなっていきます。中でも税務署との付き合い方をどうしていくか、不安を覚えている経営者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。こういう場面で、頼れるのが税金の専門家の税理士です。中小企業の経営者がどのようなことについて税理士に相談すべきか、以下に説明していこうと思います。
税理士の主要な仕事 ・税理士というのは、税理士法により定められた国家資格となります。税に関する事務的な業務を行う専門家です。・主たる仕事は、税金の申告や申請の代理の業務、税務署に提出する書類の作成と税務の相談、また、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などです。・税理士が行政書士会に登録すれば行政書士としての仕事も行えるようになりますし、加えて「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内であるならば
社会保険労務士が携わる業務にも対応できます。事業を始める時は助けてもらいましょう・起業前 開業前には開業事業計画書の作成が必要なので適切な提案をしてもらいましょう。まずもって自分の会社をどうするか、個人事業がよいか会社にする方がよいのか、株式会社にするのがよいか合同会社にするのがよいかなどを相談することができます。加えて、起業に必要な費用や、役員報酬を適正に設定するにはどうすればよいか
などいろいろなことを相談できます。業務や形態が要件に合えば補助金や助成金が国からもらえる場合もありますが、それが利用できるかどうかについても慎重に判断して、その申請において必要な書類についても作ってもらえます。会社を設立する折は、可能なら行政書士の登録がある
税理士に依頼をすることをお勧めします。そうすれば、会社法に則った定款の作成とか公証人役場でおこなう定款の認証手続きも一度におこなってもらうことができます。・起業の初期段階 事業がだんだんに起動に乗ると、経費についてどうするか考えていくことになるでしょう。経費については細かに要件があり、「どんな内容でいくらまでなら経費として認められるのか」など、
判断に迷うこともあることでしょう。どれ程の金額までなら経費として計上できるのかを税理士によく聞いておくのがよいでしょう。また、役員報酬をどう設定するかにより、最終的にどの程度の税金が掛かるのかをきちんと計算してくれます。起業してからも税理士を活用 ・資産導入資産に関しても詳細なルールがあります。導入する資産により“耐用年数”とか
“減価償却”の方法が異なってきますので、判断に困った際には相談してみましょう。資産には期限付きの特例処置が設けられているケースも多くありますので、資産導入の際は前もって相談するのがよいでしょう。・決算時について 税理士は、決算書や税務申告書を作ってくれるでしょう。この頃ではパソコンの経理用ソフトを利用して
自分で処理する経営者もいますが、難しいと感じた時は税理士に依頼してお願いしましょう。毎日計上する取引はそのたびに自分で記載しておき、決算書と税務申告書だけは作成を税理士に頼む人もいることでしょう。 ・税理士は経理の分野での専門家なので喜んで助けてくれます。長年営業職だったり優れた技術者であっても
経理については全然わからないという経営者は、普段から意識をして経理の適切な処理についていかに効率化できるのかを税理士に相談してみることも大切なことです。相続税対策に関しての相談 中小企業などの法人だけではなく、個人としても税理士を活用し相談した方が良いことがあります。サラリーマンなどが会社の給与所得の他に収入が入った場合の
確定申告もそうですし、最も大きく関係があると考えられるのが、相続税です。相続のことならやはり弁護士に相談するのがよいと考えるでしょうが、相続税の節税対策に関することは税理士は様々な知識を持っているはずなので節税につながる意外な対策法が見つけられるはずですので相談してみることも一つの方法です。